坐骨神経痛

  • おしりに痛みや痺れがある
  • 長い時間座りっぱなしになる事が多い
  • 病院で検査したけど何もないと言われた
  • 足先まで痺れがある
  • なかなか痺れや痛みが治らない

坐骨神経痛の症状について|尾張旭市あさひまえ接骨院

坐骨神経痛はどんな症状かと言うと、座りっぱなしの時間が長かったり、前かがみの姿勢をとる事が多かったり、出産後の骨盤のゆがみが原因で起こったりします。

病院で検査してもらったけど、レントゲンには異常が無く、シップだけ渡されたという経験はないでしょうか?

坐骨神経痛の原因は椎間板ヘルニアだったり、お尻の筋肉による神経の圧迫だったり、レントゲンでは分からない事がほとんどです。

痺れがずっと続いていて、歩く動作や日常生活での動作が辛い方は、早めにご相談ください。

あさひまえ接骨院の坐骨神経痛施術法

尾張旭市あさひまえ接骨院での坐骨神経痛の治療は神経を圧迫している根本原因に見つけて、的確に施術をしていきます。

筋筋膜調整

坐骨神経痛の場合は、腰や臀部(お尻)から脚にかけての筋肉、筋膜を調整していきます。

関節調整

骨盤の関節(仙腸関節)をソフトな手技で調整し、関節の動きを正常化していきます。

電気治療

微弱電流というほとんど刺激の無い電気で組織の正常化を図ります。

 

施術例 | あさひまえ接骨院