慢性的な腰の痛み

  • 長時間座っていると腰が痛くなる
  • 立ち仕事をしていると腰が痛い
  • 何年も腰痛が続いている
  • 病院に行ったけど、腰痛の原因がわからない
  • 自分の腰痛の原因を知りたい

慢性腰痛の種類 | あさひまえ接骨院

筋筋膜性腰痛症

デスクワークや車の運転で長時間の座りっぱなしになる事が多い人や、腰に負担のかかる動作を繰り返す事が多い人に起こりやすく、腰の痛みや疲労感、重だるさなどの症状があります。

腰の筋肉の緊張や疲労が長時間続く事で筋肉が縮んで伸びにくくなり、血流が悪くなる事で痛みが起こります。原因が筋肉にある為、レントゲンやMRIでは異常は認められません。

椎間板ヘルニア

初期症状はぎっくり腰のような激しい痛みを伴う事もあり、後にお尻や足に痛みやしびれが出てくる事が多いです。

前かがみになって物を持ち上げる動作や、お子さんの抱っこ、激しいスポーツや椅子に座る時間が長いなど、腰に負担のかかる動作を繰り返す事によって、腰の骨と骨の間にある椎間板に圧力がかかり、髄核と言われるゼリー状の組織が後ろに飛び出し、神経を圧迫して腰の痛みやお尻、足のしびれや麻痺を引き起こします。

このヘルニアはレントゲンには写りませんが、MRIでははっきりとヘルニアがあるかないかが分かります。

脊柱管狭窄症

腰痛とともに足のしびれを伴う事が多く、特徴的な症状として、長時間歩くことができず、少し座って休憩するとまた歩けるようになる(間欠性跛行)と言われる症状が起こります。

片足だけに痛みやしびれがでる事が多いですが、両足に症状がでる場合(馬尾型)もあり、ひどい場合は排便、排尿障害を伴う場合もあります。

脊柱管狭窄症もヘルニアと同じくMRIでの検査で確認できます。

坐骨神経痛

坐骨神経痛とは症状名であって、原因はヘルニアや脊柱管狭窄症、お尻の筋肉が神経を圧迫する梨状筋症候群と人によって様々です。当院では坐骨神経痛が何によって引き起こされているか原因を調べ、適切な施術を行っていきます。

 

あさひまえ接骨院の慢性腰痛施術法

筋・筋膜リリース、トリガーポイント療法

過緊張を起こしている筋肉を、問診→触診により見つけ出し、手技により緩めていきます。慢性腰痛の場合、大腰筋や腰方形筋など、腰の深部にある筋肉に原因がある事が多く、筋肉、筋膜をリリースすると同時に痛みを引き起こしている筋硬結(トリガーポイント)をほぐして血流と筋肉の働きを改善していきます。

干渉波・微弱電流

干渉波と呼ばれる電気で緊張している筋肉をやわらげ、炎症を起こしている部分があれば、微弱電流で炎症の早期回復を促していきます。

AKA・カイロプラクティック

腰痛の原因の一つとなる骨盤の仙腸関節や腰の骨(腰椎)をソフトな技術で調整をし、関節の動きを正常化していきます。

マッケンジー療法・ウィリアムズ体操

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症など、症状に応じて適切な運動療法を行います。また、自宅でも行える体操の指導もさせていただきます。

 

 

 

施術期間について

個々の腰痛の症状や原因により様々ですが、おおよそ筋筋膜性腰痛症の場合は改善が早く1回~3回ぐらいの施術で痛みが改善し、その後の定期的なメンテナンスでほとんど良くなるケースが多いです。

椎間板ヘルニアや坐骨神経痛の場合、1か月~3か月ぐらいの施術期間で改善するパターンが多く、脊柱管狭窄症の場合はもう少し長くかかる場合や、ご高齢の方は症状が悪化しないよう定期的にメンテナンスを続けていく必要がある場合もあります。