シーバー病(セーバー病)

  • スポーツをするとかかとが痛くなる
  • 走ったり、ジャンプするとかかとが痛い
  • かかとを押さえると痛い
  • アキレス腱の方にも痛みがある
  • くるぶしの辺りも痛くなる

シーバー病の症状について|尾張旭市あさひまえ接骨院・整体院

シーバー病は踵骨骨端症と言われ、かかと付近に起こる成長痛で、8歳から12歳ぐらいまでの成長期の子供さんに多くみられます。

成長期のかかとの骨はまだ骨の成長過程の軟骨の状態で、かかとにくっついている筋肉によって引っ張られ、激しいスポーツなどを続けて過度に負担がかかると痛みや腫れが起こります。

成長期が終わるまでかかとの痛みをがまんしなければいけないのかというと、そうではありません。

あさひまえ接骨院・整体院のシーバー病施術法

手技療法

痛みが起こっているかかとの骨に付着している筋肉などの軟部組織をリリースさせる事で、患部にかかっている負担を軽減させます。

また、かかとに関連する関節の動きを良くし、アライメントを整える事で、かかとにかかる負担を減らし、痛みを改善させていきます。

微弱電流・テーピング

微弱電流を患部にあて、炎症を抑制して治癒を促進します。

テーピングで患部を保護し、周囲の筋肉を補強して痛みを改善させていきます。

 

痛みがなかなか改善しない、かかとの痛みはお早めにご相談、ご来院ください。