肘内障

  • 子供が痛がって腕を上げなくなった
  • 子供が痛がって肘を曲げない
  • 子供の手を思いきり引っ張ってしまった
  • 打撲などしてないのに突然激しく泣き出した
  • 肘に赤みや腫れはない

小児の肘内障はなぜ起こるの?

親御さんがお子様の手や腕を強く引っ張ってしまう事などにより、肘の関節が亜脱臼してしまう事を肘内障と言います。

大人になると肘の靭帯で骨をしっかり固定しているため、腕を引っ張っても外れる事はまずないですが、小児の場合(2~4歳に多い)、まだ肘の靭帯が成熟しておらず、腕を引っ張ったり、転んだりして、前腕の骨が肘の輪状靭帯から少し外れかかっている状態です。

肘の部分に赤みや腫れがないのに、激しく泣いて、腕を曲げたり上げたりしなくなる事が特徴です。

あさひまえ接骨院の肘内障施術

肘内障は施術者の手技によって元に戻す事ができます。

ポコッと靭帯の中に骨が収まる感覚が術者に得られ、お子様が腕を動かすようになれば、しっかり関節がはまり、治っている証拠です。

整復した後は再発しやすいので、お子様の手を引っ張ったりしないよう注意する必要があります。